2−地域創生に関わるこれからの活動の在り方

■環境に関わる事業は「公共土木」「医術・福祉」に次ぐ第3の雇用の場
 
 ●「環境」は雇用の場に
 
農業全般は環境の一部です。医療とは人への貢献、福祉とは人のグループへの貢献、環境とは地域や国や地球
 そのものへの貢献資格と認証に基づく、環境への事業を総て積算根拠を成立させ、参画する若者の雇用の場と
 し、企業や市民の参画できる場を作る


 
キーワードは、「市民型公共事業の成立」にある。
 
地域を再生させるための業務プログラムとして小学校4,5年度での「小学校での環境教育」で地域を観察し、
 生き物調査等に参 加することによる地域社会への参画経験が欠かせない。
 子ども達が地域への興味と愛情を育てない限り、地域の長期的な再生は考えられないとまで言われている。

      
 地域創生力とはテーマ実現力が生み出すパワー
 
「地域創生」に関わる事業は「公共工事」「医療福祉」に次ぐ3つめの公共事業として、第3の雇用の場に。
  これからの融合体として地域創生の実現を目指します。


   ● 半不耕起農法の普及啓発活動

   
ふゆみずたんぼ
   2環境創造型農業&第4回冬期湛水シンポ



 ■ 「里山に託す私たちの未来」構想の実現へ

     里山シンポジウム実行委員会 HP
     里山再生関連各種リンク情報
     里山は農法・工法・文化が融合した「雇用発生」の場
     
里山に託す私たちの未来
 Blog


 
■利根川下流域に大規模な水鳥の越冬地の形成−準備中
  ● 水質浄化 東京湾・霞ケ浦・印旛沼などの観察記録(blog)
   
水質浄化:東京湾、船上からの報告  blog
    水質浄化:千葉県印旛沼及び周辺域 blog
    水質浄化:茨城県霞ケ浦及び周辺域 blog